Kersa(ケルザ*ドイツ語読みで「ケェアザ」とも発音)のハンドパペットは、ドイツ国内の熟練した職人により、100%ハンドメイドで作られています。

木製の頭部は丁寧に手彫りしたもの、そして旋盤加工したものの2種類があります。

ケルザの工程 丁寧に手彫り

表情はていねいに手描きされています。

「どんな子供達が使ってくれるだろうか。どんな物語で活躍するだろうか」

「使い手とハンドパペットが織りなすコミュニケーションを、世界中の子供達が楽しめますように」

世界にひとつしかない、愛すべき表情は、そんな心を込めたケルザの職人たちの思いが詰まっているのです。

ケルザのハンドパペット工程 丁寧に手描き

ファブリック(布製)の頭部もあります。

こちらは、ひと針ひと針丁寧に。目を入れ,刺繍をします。メイクも施して、表情を豊かにします。手のひらで優しく形を整えると、何とも愛らしい姿形が誕生します。

ケルザの工程 丁寧に手縫い

ケルザでは髪の毛や、洋服、靴など、全てにおいて厳選された素材を使用しています。

工程やロットによって、生地が異なることもあり、表情がただ一つ同じではないのと同様に、全身の素材にもそれぞれに持ち味があります。

ケルザの工程 厳選された素材を使用

このように、構想から実際の制作まで、ひとつひとつ熟練の職人により手づくりされるケルザのハンドパペットですが、実は新しいハンドパペットが世に出るとき、すぐにデビューするわけではありません。

なぜなら、その前に、一連のテストに合格しなければならないのです。

ケルザでは、経験豊富な教育者、家族、ベビーグループ、保育園の方々にハンドパペットを使ってもらい、実際の声をものづくりに生かしています。

教育関係者や父兄の皆さんは新しいケルザパペットが、実際に商品化されてラインで製造される前に、実際に使い、意見を述べます。

「色と形のハーモニーはどう?」「環境に優しい素材を手にしてみてどう?」

新米のハンドパペットは一つ一つ職人の手作により仕上げられるだけでなく、このように「最もケルザを愛しているからこそ、厳しい目でチェックする人々」によって、長い歴史のページに仲間入りを果たすのです。

だからこその、「ケルザのカスパー」であり、「ケルザの赤ずきんちゃん」であり、「ケルザの白雪姫」なのです。

そうして、ヨーロッパ中の親子に愛され、手から手へ、親から子へと受け継がれ、「その家だけのケルザパペット」になっていくのです。

アトリエと、使い手と徹底的に使い、語り合うことで、「世界に一つしかない」個性的あるキャラクターへと仕上がっていくわけです。

もちろん、そうして創られたケルザは、環境面でも高い評価を受けており、2004年に木製ヘッドはハンドパペットエコテストで受賞しています。

sehr gut』受賞、木製ヘッド ハンドパペット エコテスト 2004年7月

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

前田

ドイツのハンドパペット専門店「ケルザ」の総代理店です。 ハンドパペット、ウォーリーぐるみ、エコロジーな保冷・保温パッド チェリーピローを取扱っています。

2つのポイント貯めて使えます GMOとくとくポイント Tポイント