ウォーリーぐるみ「ラッキービート」

ウォーリーぐるみ,ハチウォーリーぐるみ入荷しました!
【ウォーリーぐるみ・ラッキービート】

体長   :約 25cm(手作りのため誤差があります)
素材 :主生地 綿100%
中綿 ポリステル
手洗い :可能
ポケット :マジックテープ使用
使い方  : 悩み事や心配事を書いて、胴体のポケットに入れます。
枕の下にウォーリーぐるみごと敷いて寝ます。
朝起きたら、悩み事や心配事は小さくなっているので、
その紙は取り出して捨てても大丈夫。
価格 :2,600円


【子どもたちに】
小さいお子さんは心配ごとがあると、なかなか眠れないことがありますね。
パパやママに打ち明けようか、どうしようかと悩んだり……
そんなときに、このウォーリーぐるみが活躍します。

ウォーリーぐるみを使って、子どもたちは心配ごとが小さくなります。
パパやママはそっと見守ることができます。

子どもの自発性と自己解決力を育みながら、親もそっと見守ることができるこの仕組はドイツでも「お悩みパペット」と呼ばれ、教育者たちが子どもの心の成長のために推奨しています。

【大人たちに】
「ラッキービート」のモチーフは「ミツバチ」。
古代ギリシア時代から、ミツバチはラッキーな守り神として親しまれてきました。
天空を翔ける姿を見かけたたら、未知の良い客が訪れる兆しともされてきたようです。

また、家を守り、繁栄させるとも崇められてきました。
女王蜂を中心に大家族を持ち、大きな家(巣)を作ることからなのでしょう。繁栄の象徴、不老長寿のシンボルとして、各国の紋章にもよく使われています。

勤勉、純潔、知恵、豊穣のシンボルでもあります。
東洋では、蜜蜂(3・8)にあやかり縁起の良い「3代続く繁栄のシンボル」だそう。日本でも、蜂の巣が家の軒下に巣を作ると縁起がいいと言われ、盗人や厄病除よけとして家の戸口につるしたこともあったそうです。


【マヤ・インディアンの言い伝え】
グァテマラのマヤ・インディアンには「ウォーリードール」の古い言い伝えがあります。
不安や悩みごとをこの人形にささやいてから枕の下において眠ると、
翌朝にはこのお人形が取り除いてくれるといわれています。
そのウォーリードールをドイツのケルザがぬいぐるみ「ウォーリーぐるみ」にしました。

子どもたちに愛されている動物のぬいぐるみは、お腹がポケットになっています。
小さな紙に心配ごとや願いごとを書いて、ポケットにいれて、枕の下に。
眠りにつけば大丈夫!
小さくなった心配事は、ゴミ箱にポイッ、です。
販売価格 2,600円(本体2,407円、税193円)
型番 wrb4

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

前田

ドイツのハンドパペット専門店「ケルザ」の総代理店です。 ハンドパペット、ウォーリーぐるみ、エコロジーな保冷・保温パッド チェリーピローを取扱っています。

2つのポイント貯めて使えます GMOとくとくポイント Tポイント